オンラインマニュアル

1.bantoアカウントの登録

 

 

「banto」に招待された際のアカウントの登録の手順をご説明します。

 

「フリートライアル開始時」のAIbantoアプリからのメッセージからの招待と、「それ以外の時」での招待URL共有による招待では、アカウント登録の手順が異なりますので、本ページでは、フリートライアル開始時、それ以外の時の順に記載します。

 

 

 

フリートライアル開始時 メッセージによるbantoへの招待

 

 

フリートライアル開始時にbantoに招待されると、SlackにAIbantoアプリが追加され、このようなメッセージが届きます。

 

❶ 「bantoログインページへ」をクリックし、bantoログイン画面に進んでください。


▼Slack AIbanto

 

 

 

ログイン画面が表示されますので、Slackでログイン」をクリックし、bantoにログインしてください。


▼banto ログイン画面

※今後もこのログイン画面より、「banto」へログインします。

※Slackのアカウントと連携しログインできるため、ID、パスワードの必要はありません。

 

 

 

初回ログイン時のみ、Slackとbantoをインテグレーションを許可する画面が表示されます。

 

許可する」をクリックし、Slackとbantoを連携させ、bantoにログインしてください。


▼Slack インテグレーション画面

 

 

 

「banto」の画面が表示されれば、アカウントの登録は完了です。

 

[2.個人OKR設定]へ進みます。


▼banto画面

 

 

 

フリートライアル開始時以外 URLの共有によるbantoへの招待

 

 

招待時に共有されたURLをクリックし、「banto」の画面にアクセスしてください。

 

このような画面が表示されますので、❶ 「Slackで認証」をクリックし、「banto」と「お客様のSlackのアカウント」を連携する画面にアクセスしてください。


▼banto アカウント作成画面

 

 

 

初回ログイン時のみ、Slackとbantoをインテグレーションを許可する画面が表示されます。

 

❷ 「許可する」をクリックし、Slackとbantoを連携させ、bantoにログインしてください。


▼Slack インテグレーション画面

 

 

 

基本情報を入力する画面が表示されますので、❸ 「※必須」と記載されている項目をすべて入力し、❹ 「登録」をクリックしてください。


▼banto 基本情報入力画面
※フリートライアル期間中は、部署が作成できないため、「所属部署」「兼務部署」の選択はありません。

 

 

 

入力した内容の確認画面が表示されるので、お間違いがないか確認し、❺ 「登録」をクリックし、入力内容を確定させてください。


▼banto 基本情報の入力内容確認画面

※氏名、性別は後からでもマイページで変更できますが、所属部署、兼務部署は、管理者、副管理者の方のみしか変更できないため、ご注意ください。

 

 

 

アカウントの作成が完了しました。

❻「ログインへ」をクリックし、「banto」へのログイン画面にアクセスしてください。

 

各部署や各チームの役職者、リーダーにあたる人は、bantoの管理者から所属部署やチームの役職者に任命されます。

部署やチームのメンバーが正しく招待されているかご確認ください。


▼banto アカウント作成完了画面

 

 

 

こちらが「banto」のログイン画面です。

❼ 「Slackでログイン」をクリックし、「banto」の画面へログインしてください。


▼banto ログイン画面

※今後もこのログイン画面より、「banto」へログインします。

※Slackのアカウントと連携しログインできるため、ID、パスワードの必要はありません。

 

 

 

「banto」の画面が表示されれば、アカウントの登録は完了です。

 

[2.個人OKR設定]へ進みます。


▼banto画面