オンラインマニュアル

bantoで会社目標(組織全体のOKR)を設定

 

 

こちらのページでは、bantoで組織全体が紐づいた目標(OKR)を運用するための基本的な知識や実際の設定方法をご案内します。

 

 

 

OKRとは?

 

 

OKRは「Objective and Key Result」頭文字を取った略称のことで、
「Objective(O):目標」「Key Result(KR):重要な指標、目標を達成するための行動」で構成されています。

 

OKRはintel(インテル)から生まれた管理手法で、GoogleやFacebook、メルカリなどが導入をしたこともあり、ここ最近注目されている目標管理手法です。

 


OKRの構造は非常にシンプルで一つの「O:Objectives(目標)」に対して数個の「KR:Key Results(重要な達成指標、目標を達成するための行動)」から成ります。

 

 

OKRについて詳しく知りたい方は、こちらを参考にしてください。

[OKRとは]

 

 

 

 

bantoで組織全体のOKRを設定するために知っておくこと

 

 

このようなOKRのツリー図を使用して説明します。


▼OKRのツリー図(例)

 

 

 

OKRでは、上位組織のKRがそのまま下位に紐づく組織のObjectiveとなります。

 

そのため下位に紐づくObjectiveの数と同じだけ、上位組織のKRを作成する必要があります。

 

この図の場合、会社OKRに紐づく下位のObjectiveは4つあるため、4つ会社KRを作成しなければなりません。


▼OKRのツリー図(例)

 

 

 

そのため、bantoではの階層から順番にOKRを設定しなければなりません。

 

「上位のKR」が作成されると、「下位のObjective」が設定された状態になるため、「下位のKR」を作成できるようになる、といった風に組織のOKRを設定していきます。


▼OKRのツリー図(例)

 

 

 

bantoでは、組織全体のOKRの中でも、階層に分けて、「会社OKR」、「部署OKR」、「個人OKR」と呼んでいます。

 

会社OKR:最上位の会社目標と会社KR

部署OKR:部署や課、チームといった会社以外の組織すべてのOKR

個人OKR:それぞれの組織から、個人に紐づけられたOKR


▼OKRのツリー図(例)

 

 

 

「会社OKR」や「部署KR」を作成するのは、その組織の役職者に任命されている方です。


▼OKRのツリー図(例)

 

 

 

組織全体でOKRが設定されれば、それぞれがOKRの進捗をSlack上で報告することによって、banto上でOKRの進捗率がデータ化されていきます。

 

Slack上で進捗を報告するのは、個人KRに対してのみです。

 

それぞれが個人KRに対して日々の進捗を報告することで、数字が積み上げられ、組織全体の進捗率としてbanto上に反映されます。


▼OKRのツリー図(例)

 

 

 

 

bantoで組織全体のOKRを設定する前に

 

 

bantoで組織全体のOKRを設定する前に、二点行うべきことがあります。

 

➀ 部署管理画面から、部署を作成。

 

➁ 社員管理画面から、社員を部署に配属し、部署の役職者を任命。

 

 

それぞれ、こちらを参考に、設定してください。

 

[banto機能ガイド 部署管理]

 

[banto機能ガイド 社員管理]

 

 

 

 

 

bantoで組織全体のOKRを設定する流れ

 

 

この組織図を例に、設定する流れをご説明します。

 

まず会社組織の役職者が会社Objectiveと会社KRを作成してください。


▼OKRのツリー図(例)

 

 

 

会社KRが直接Objectiveとなる組織の役職者がその組織のKRを作成してください。

 

会社KRが直接個人のObjectiveとなる場合もあるかと思います。

その場合は、このタイミングで個人のKRを作成することができます。


▼OKRのツリー図(例)

 

 

 

三階層目以降に課やチームなどの組織がある場合は❷と同じようにKRを作成していってください。


▼OKRのツリー図(例)

 

 

 

個人KRの設定依頼が届いたら、個人Objectiveを参考に個人KRを作成してください。


▼OKRのツリー図(例)

 

 

 

KRが設定されていないままのObjectiveが無く、すべて組織のKRや個人KRが設定されれば、組織全体が紐づいたOKRの設定は完了です。

 

 

 

 

 

実際に組織全体のOKRを設定

 

 

それでは、実際に組織全体のOKRを設定しましょう。

 

会社OKR、部署OKR、個人OKRのそれぞれの階層別に設定手順を説明します。

ご自身が設定する階層に応じて、マニュアルを参考に設定を行ってください。

 

 

 

・会社OKR  [会社OKR設定方法(契約後)]

 

・部署OKR  [会社目標-部署KR設定]

 

・個人OKR  [会社目標-個人KR設定]

 

 

 

 

Slackアカウントはお持ちですか?

bantoは、Slackを使ってOKRの進捗を
管理するクラウドシステムです。