オンラインマニュアル

会社OKR設定(契約後)【数で表す目標(定量目標)】

 

 

「数で表す目標(定量目標)」を選択した場合の会社OKRの設定方法をご案内します。

 

 

 

会社目標【数で表す目標(定量目標)】を設定

 

 

【数で表す目標(定量目標)】の会社目標(会社Objective)を設定します。

 


▼会社OKR設定モーダル

 

 

 

❹ 会社目標(会社Objective)のタイトルを入力してください。


▼会社OKR設定モーダル 目標設定(目標タイトル設定)

 

 

 

❺ 目標となる数値を入力し、単位を設定してください。

(※現在は〇〇以上目標しか設定できません。今後、以下目標も対応されます。)


▼会社OKR設定モーダル 目標設定(数値目標設定)

 

 

 

❻ この目標と目標に対する進捗を公開する範囲を選択してください。

 

※OKRでは、目標や目標に関する情報をオープンにするのが良いとされていますので、「全社に公開」を推奨しています。


▼会社OKR設定モーダル 目標設定(公開範囲設定)

 

 

 

特定の部署に公開する場合は、「特定の部署」を選択後、「選択」をクリックすると、お客様の作成している部署が表示されますので、公開したい部署を選択してください。

 

複数の部署を選択したい場合には、「追加する」をクリックすると、公開する部署を追加することができます。


▼会社OKR設定モーダル 目標設定(公開範囲設定)

 

 

 

❼ モーダル内、最下部で目標期間を設定します。

 

日付の横の「カレンダーマーク」から選択することができます。


▼会社OKR設定モーダル 目標設定(目標期間設定)

 

 

 

目標と目標数値、目標期間の入力が完了したら、❽ 「次へ」で目標達成のための行動(KRKey Result)の設定へ進みます。


▼会社OKR設定モーダル 目標設定(入力完了)

 

 

 

 

目標達成のための行動(KR:Key Result)設定についての解説

 

 

ここで、【数で表す目標(定量目標)】を設定した場合の、目標達成のための行動(KR:Key Result)の設定について解説します。

 

 

これから作成するのは、「会社目標を達成するための行動(KR) (赤く囲まれた部分)です。

 

「会社目標を達成するための行動(KR)」はそのまま「2階層目の組織の目標(O)」(青く囲まれた部分)となります。

 

会社目標を達成するために、するべきことを各メンバーに振り分け、それがそのまま部署などの下位階層の部署Objectiveや会社Objectiveから直接紐づく個人Objectiveとして掲げられると考えると良いでしょう。


▼OKRのツリー図(例)

 

 

 

会社目標達成のための行動(KR) は、目標と同じく、「数で表す行動値(定量的)」もしくは「言葉で表す行動値(定性的)の二種類の行動値のタイプを選び、設定します。

 

会社目標達成のための行動(KR)は、そのまま2階層目の目標(O:Objective)となるため、選ばれたタイプももちろんそのまま引き継がれます。


▼会社KRのタイプが2階層目のObjectiveへ引き継がれるイメージ図

 

 

 

また、【数で表す目標(定量目標)】のKRは自由に設定することができますが、下記の条件を満たしている必要があります。

 

(1)目標の数値・単位と合致するKRを、最低でも1つ以上設定してください。

目標の単位と合致するKRの数値の合計が、目標の数値と等しくなるように設定してください。

 

(2)(1)の条件が満たされていれば、2つ目以降、自由にKRを設定することができます。

 

(3)目標(Objective)の数値・単位と合致しないKRは、必ず目標と異なる単位を使用し設定してください。

 

 

 

これら三点の条件を満たした目標達成のための行動(KR)の組み合わせ例です。

 

 

 

※前提として、目標と合致するKRを、1つ以上設定する必要があります(=KR1)。その上で、KR2、KR3を設定します。

 

※目標(Objective)の数値・単位と合致しないKRを設定する場合は、必ず目標と異なる単位を選んでください。

 

 

 

※前提として、目標と合致するKRを、1つ以上設定する必要があります(=KR1)。その上で、KR2、KR3を設定します。

 

※目標(Objective)の数値・単位と合致しないKRを設定する場合は、必ず目標と異なる単位を選んでください。

 

KR2は500「件」という数え方もできますが、目標の単位と同じ単位を選ぶと目標に対する実績値として集計されてしまいのでご注意ください。例えば、受注が1件も取れてなくても、KR2の問い合わせを「100件」獲得すれば、目標の進捗として集計されてしまうという仕様になっています。

 

 

 

※目標と合致するKRを、2つ以上組み合わせて設定することも可能です(=KR1、KR2)

 

※目標(Objective)の数値・単位と合致しないKRを設定する場合は、必ず目標と異なる単位を選んでください。

 

 

 

 

これらを参考にして、会社目標を達成するための行動(KR) を設定しましょう。

 

 

 

 

会社目標を達成するための行動(KR) を設定

 

 

先ほど設定した会社目標を達成するための行動(KR:Key Result) の「目標値」「担当責任者」「期日」を設定します。

 

「数で表す目標」の場合、1つ目のKR は、目標の数値・単位と合致するものを設定する必要があります。

そのため、1つ目のKRは既に、数で表す目標値(定量的)にチェックがついています。

 

KRのタイトルを入力します。


▼会社OKR設定モーダル KR設定(KRタイトル設定)

 

 

 

KRの達成基準となる目標値を設定します。

 

入力したすべてのKRの目標値の合計が目標の数値に達すると、モーダル内最下部のバリデーションが消え、自由にKRを作成することができるようになります。


▼会社OKR設定モーダル KR設定(数値設定)
※1つ目のKRは、目標の数値・単位と合致するKRを設定する必要があるので、単位は目標と同じものが固定されています。

 

 

 

⓫ 目標達成のための行動(KR)の担当者、担当部署を設定します。


▼会社OKR設定モーダル KR設定(担当設定)

 

 

 

「担当者」にチェックをつけ、「名前」をクリックすることで、担当者を選択することができます。

担当者を選択した場合、このKRはそのまま選択した担当者の個人Objectiveとなります。

 

他部署に所属せず、会社組織にのみ所属している方は、こちらで担当者として選択するとことで、個人OKRを会社目標に直接紐づけることができます。


▼会社OKR設定モーダル KR設定(担当設定)

 

 

 

こちらのツリー図の赤く囲まれているところが、会社KRの担当者にあたります。


▼OKRのツリー図(例)

 

 

 

「担当部署」にチェックをつけ、「名前」をクリックすることで、担当部署を選択することができます。

「担当部署」を選択した場合、このKRはそのまま選択した下位階層の組織の部署Objectiveとなります。

 

表示されている名前は、下位階層の組織の「役職者」の名前です。

この役職者の方が、その組織のKRを責任者として作成する必要があります。


▼会社OKR設定モーダル KR設定(担当設定)
※役職者を変更したい場合は、こちらを参考にして「社員管理画面」から役職者を変更してください。

 [banto機能ガイド 社員管理]

 

 

 

こちらのツリー図の赤く囲まれているところが、会社KRの担当部署にあたります。


▼OKRのツリー図(例)

 

 

 

KRの開始日、終了日の期間を設定してください。

目標期間内の日付であれば、開始日、終了日とも自由に設定することができます。

 

日付の横の「カレンダーマーク」から選択することができます。


▼会社OKR設定モーダル KR設定(KR期間設定)

 

 

 

KRを追加したい場合は、 KRを追加」をクリックしてください。

同様の作業を行い、新しいKRを追加作成することができます。


▼会社OKR設定モーダル KR設定(KR追加)

※会社目標に紐づけたい第2階層目のObjectiveの数だけKRを作成してください。

 

 

 

2つ目以降の会社目標達成のための行動(KR)作成します。

 

モーダル内最下部のバリーデーションの入力合計が数値目標に達しておらず、バリーデーションが表示され続けている場合は、目標の数値・単位と合致するKRを数値目標に達するまで設定してください。


▼会社OKR設定モーダル KR設定(2つ目以降のKR設定)

 

 

 

モーダル内最下部のバリーデーションが表示されていない場合、KRを自由に作成できるようになります。

 

目標(Objective)の数値・単位と合致させない「数で表す目標値(定量的)」を設定する場合は、必ず目標で使用した単位と異なる単位を選んでください。

目標の単位と同じ単位を選ぶと目標の進捗率として集計されてしまいます。


▼会社OKR設定モーダル KR設定(2つ目以降のKR設定ー定量的)

 

 

 

モーダル内最下部のバリーデーションが表示されていない場合は、言葉で表す目標値(定性的)のKRを作成することも可能です。

 

言葉で表す目標値(定性的)を選択した場合は、目標数値や単位を設定する必要はありません。


▼会社OKR設定モーダル KR設定(2つ目以降のKR設定ー定性的)

 

 

 

目標達成のための行動(KR:Key Result)の設定が完了したら、⓮ 次へ」をクリックして、

設定した会社目標(Objective)、目標達成のための行動(KR)の確認へ進んでください。


▼会社OKR設定モーダル KR設定(入力完了) 

 

 

 

 

入力した会社OKRを登録

 

 

入力した会社目標(O:Objective)と目標達成のための行動(KR:Key Result)の確認画面が表示されます。

スクロールして内容を確認し、問題がなければ、⓯ 「登録」をクリックすると、会社OKRが登録されます。


▼会社OKR設定モーダル 確認画面

 

 

 

このモーダルが現れると会社目標の設定は完了です。


⓰ 「OK」をクリックしてください。


▼会社OKR設定モーダル 設定完了画面

 

 

 

会社目標の設定が完了すると、会社KRの担当者もしくは、担当部署の役職者の方々には、Slack上のAIbantoアプリにこのようなメッセージが届きます。

 

その方々は、「KRの設定へ」からbanto画面にアクセスし、「部署KR」や「個人KR」を設定する必要があります。


▼Slack AIbantoメッセージ OKR責任者

 

 

 

会社KRの担当者もしくは、担当部署の役職者の方々が部署KRや個人KRを作成すると、「OKRの承認依頼」があなたのSlack上のAIbantoアプリに送信されます。

 

「OKRの承認・棄却へ」をクリックし、banto画面にアクセスして、設定された下位階層のKRを承認、もしくは棄却をしてください。


▼Slack AIbantoメッセージ OKR承認依頼

 

 

 

 

「部署KR」を設定する必要のある方は、こちらのマニュアルを参考にして設定してください。

[会社目標-部署KR設定]

 

「個人KR」を設定する必要のある方は、こちらのマニュアルを参考にして設定してください。

[会社目標-個人KR設定]

 

こちらのマニュアルをメンバーの方々に共有することで、よりスムーズに各KRを設定していただけます。

 

 

 

※【言葉で表す目標(定性目標)】のマニュアルも見たい方はこちらからアクセスしてください。

 [会社OKR設定(契約後)【言葉で表す目標(定性目標)】]

 

 

 

 

 

Slackアカウントはお持ちですか?

bantoは、Slackを使ってOKRの進捗を
管理するクラウドシステムです。