オンラインマニュアル

3.通知設定

 

 

こちらのページでは、個人目標に対する「通知設定」について説明します。

 

 

「banto」では、目標に対する進捗や活動内容の報告は、Slackの「AIbantoアプリ」から行います。

 

「通知設定」は、その「AIbantoアプリ」上で報告を行う時間を設定する機能です。

 

「通知設定」は、他の設定と異なり、管理者、役職者にかかわらず、メンバーの一人一人が自分の働き方に合わせて設定することができます。

 

 

 

 

AIbantoレポートに関するモーダル

 

 

目標設定が完了すると、「進捗フィード」画面に、ツールチップが表示されます。

➊ 確認して「OK」をクリックすると、「通知設定画面」に進みます。


▼進捗フィード
画面

 

 

 

こちらが、「通知設定画面」です。

 

ここでもツールチップが表示されますので、❷ 確認したら「OK」をクリックしてください。


▼通知設定画面

 

 

 

「通知設定」は、他の設定と異なり、メンバーひとりひとりが設定する必要があります。

 

メンバー個人が働き方に合わせて、各レポートの通知時間やリマインドを設定してください。


▼通知設定画面
※通知設定画面の全ての機能について知りたい方はこちらを参考にしてください。

 [banto機能ガイド 通知設定]

 

 

 

個人目標に対する進捗やその日の活動内容を報告する時間を設定します。

 

「通知設定画面」の左上、所属部署の選択欄から❸ 「個人目標レポート」を選択してください。


▼通知設定画面

 

 

 

設定した時間、リマンドサイクルで、Slack上のAIbantoアプリから「個人目標進捗レポート」が送信されます。

 

初期設定では、「個人目標進捗レポート」は1回目が16:45、二回目が17:45、最後の三回目が18:45に送られてくるという設定になっています。

もちろん1回目や2回目で回答できれば、その後リマインドはされません。


▼通知設定画面 個人目標レポート

 

 

 

設定した時間に、このようなメッセージが送信され、このメッセージが「個人目標進捗レポート」です。

レポートに回答することで、個人目標の進捗率が変動していきます。


▼Slack AIbanto 個人目標進捗レポート

 

 

 

「レポート報告形式」では、ON、OFFを切り替えることで、Slack上でのレポートの報告形式を変更することができます。

ON:ダイアログ形式、OFF:一問一答形式

 

それぞれの形式は、下記を参考にしてください。


▼通知設定画面
※デフォルトでは、「ダイアログ形式」になっています。

※変更した形式は全てのレポートで適応されます。

 

 

 

ダイアログ形式では、進捗率の報告や日報、助けてくれた人、振り返りなどを一つ目の画面で入力し、報告することができます。


▼AIbantoレポート ダイアログ形式

 

 

 

一問一答形式では、順番に送られてくる質問に対し、一つずつ入力し、報告していく形式です。


▼AIbantoレポート 一問一答形式

 

 

 

AIbantoアプリで個人目標進捗レポートに回答すると、【数で表す目標(定量目標)】、【言葉で表す目標(定性目標)】のそれぞれは、「進捗フィード画面」および「個人目標画面」で進捗率はこのように表示されます。


▼個人目標【数で表す目標(定量目標)】 進捗率の表示

▼個人目標【言葉で表す目標(定性目標)】 進捗率の表示

 

 

 

 

お疲れ様でした。

一般社員用の「bantoへ招待された後にすべきこと」の設定はこれで完了です。

 

 

 

 

役職者が会社OKRを設定すると、会社標に紐づく個人OKRの設定が依頼されます。

 

こちらのメッセージがSlackの「AIbantoアプリ」に通知されたら、「KRの設定へ」をクリックし、「banto」へアクセスして会社目標に紐づく、個人OKRを設定してください。


▼Slack AIbantoメッセージ OKR責任者

 

 

 

「個人KR」を設定し、役職者に個人KRの承認を依頼してください。

個人目標の設定方法についてはこちらをご参考にしてください。

[会社目標-個人KR設定]

 

 

 

 

また個人OKRの設定が依頼されるまでに、マイページの編集をおすすめします。

マイページの設定については、こちらをご参考にしてください。

[banto機能ガイド マイページ]

 

 

 

bantoの各機能につきましては、同じくオンラインマニュアル上のbanto機能ガイドをご参考にしてください。

 

 

 

 

Slackアカウントはお持ちですか?

bantoは、Slackを使ってOKRの進捗を
管理するクラウドシステムです。