オンラインマニュアル

Slack再連携

 

 

こちらのページでは、「Slack再連携画面」についてご案内します。

 

 

 

Slack再連携画面

 

 

「Slack再連携画面」はSlackのワークスペースと再連携するための画面です。

 

bantoバージョンアップリリース(2020年4月27日実施)によって新しく実装された機能を、4月27日以前からご契約されていたお客様も利用可能にするための再連携画面となります。


▼Slack再連携画面

 

 

 

※再連携の途中でブラウザを閉じてしまうと、ログインできなくなる恐れがあります。

ボタンを押下後、処理の途中でブラウザを閉じないでください。


▼Slack再連携画面

 

 

 

「再連携の画面へ進む」をクリックして、Slackの再連携へ進んでください。

 

※必ずクリック後、操作を途中で辞めないでください。


▼Slack再連携画面

 

 

 

投稿先で「チャンネルを検索」をクリックして、投稿先チャンネルの一覧を表示し、AIbantoと連携したことを通知するチャンネルを選択してください。


▼Slackのインテグレーション画面


※こちらの画面では、アプリ名「AIbanto-stg」になっていますが、みなさまの画面では、アプリ名は「AIbanto」になっています。

 

 

 

 

チャンネルを選択したら「許可する」をクリックして、Slackワークスペースとの再連携を進めてください。


▼Slackのインテグレーション画面

 

 

 

お疲れ様です。この画面が表示されたら、再連携は完了です。

2020年4月27日にバージョンアップリリースされた新機能をご利用いただけるようになりました。

 

再連携が完了したら、「新しくなったAIbantoレポートを確認する」をクリックして「AIbantoレポート画面」へアクセスし、便利になったAIbantoレポートの新機能が利用できるようになっているかチェックしましょう。


▼Slack再連携画面

 

 

 

 

Slackアカウントはお持ちですか?

bantoは、Slackを使ってOKRの進捗を
管理するクラウドシステムです。