オンラインマニュアル

通知設定

 

 

こちらのページでは、「通知設定画面」について説明します。

 

「通知設定画面」は、他の設定画面と異なり、管理者、役職者にかかわらず、メンバーの一人一人が設定する画面です。

 

 

 

通知設定画面

 

 

「通知設定画面」では、SlackのAIbantoアプリから送信される各レポートの通知時間、リマインドの設定ができます。

 

メンバーひとりひとりが働き方に合わせて、各レポートの通知時間やリマインドを設定していただけます。


▼通知設定画面

 

 

 

自分が所属している部署やチームごとに、通知設定をしていただけます。


▼通知設定画面
※bantoフリートライアル版では、部署を作成できないため、選択できません。banto有償版契約後、部署を作成できるようになります。

 

 

 

組織と紐づかない個人的な目標である「個人目標」に対する進捗レポートの通知設定は、「個人目標レポート」を選択してください。


▼通知設定画面

※個人目標について知りたい方は、こちら参考にしてください。

   [個人目標の設定方法]

 

 

 

通知サイクルは「AIbantoレポート設定」で設定したサイクルが表示されています。

もし変更が必要な場合は、管理者、副管理者、もしくは部署やチームの役職者の方が「AIbantoレポート設定」から変更する必要があります。


▼通知設定画面
※「AIbantoレポート設定」を行いたい方はこちらを参考にしてください。

   [AIbantoレポート設定]

 

 

 

「一回目通知時刻」では、各レポートごと、何時に1回目の通知をしてほしいか設定することができます。

 

終業時間等を考え、答えやすい時間を設定してください。


▼通知設定画面

 

 

 

各レポートごとにリマインドの設定をすることもできます。

 

デフォルトの設定では、「進捗レポート」は1回目が17:00、二回目が18:00、最後の三回目が19:00に通知されるという設定になっています。もちろん1回目や2回目で回答できれば、その後リマインドはされません。


▼通知設定画面

 

 

 

「その他の通知」では、AIbantoレポート以外のSlack上のAIbantoアプリすべての通知のON、OFFを設定できます。

「AIbantoアプリ」では、AIbantoレポート以外にも重要な通知が多く送信されますので、基本的に通知はONにし、bantoをより効果的にお使いください。


▼通知設定画面

 

 

 

「レポート報告形式」では、ON、OFFを切り替えることで、Slack上でのレポートの報告形式を変更することができます。

ON:ダイアログ形式、OFF:一問一答形式

 

それぞれの形式は、下記を参考にしてください。


▼通知設定画面
※デフォルトでは、「ダイアログ形式」になっています。

※変更した形式は全てのレポートで適応されます。

 

 

 

ダイアログ形式では、進捗率の報告や日報、助けてくれた人、振り返りなどを一つ目の画面で入力し、報告することができます。


▼AIbantoレポート ダイアログ形式

 

 

 

一問一答形式では、順番に送られてくる質問に対し、一つずつ入力し、報告していく形式です。


▼AIbantoレポート 一問一答形式

 

 

 

「通知設定」には、更新ボタン、確定ボタン等はありません。

時間やリマインドの頻度を変更したら、その瞬間から変更したもの適応されます。


▼通知設定画面

 

 

 

 

Slackアカウントはお持ちですか?

bantoは、Slackを使ってOKRの進捗を
管理するクラウドシステムです。