オンラインマニュアル

アカウント権限について

bantoには4種類のアカウントがあり、社員管理画面より権限の設定をすることができます。

権限ごとに、bantoで設定出来る機能や閲覧権限なども異なってきます。

最も上位権限を持つ「管理者」、管理者の代行となれる「副管理者」、部署の所属長である「役職者」部署に属する「一般職」の4つになります。

  管理者 副管理者 役職者(※1) 一般職
ご契約
会社情報の変更
社員追加
社員の権限変更
部署の設定(部署の追加・削除)
異動処理
会社目標の設定
部署目標の設定
個人目標の設定
AIbantoレポート設定(※2)
通知設定(※3)

(※1) 役職者について:
表では、役職者とひとまとめにしておりますが、役職者は各部署やチームに対しての権限ですので、設定できるのはその役職者の方が管掌している部署やチームに関係する内容のみです。

例えば、表において、「会社目標の設定」は役職者に権限があると記載しておりますが、会社目標の設定は、全ての部署やチームの役職者ができるわけではなく、最上位組織である会社組織の役職者のみです。

部署目標の設定でも同じように、役職者が設定できるのは、その役職者の方が役職者となっている部署のみの設定が可能であるということです。

 

(※2) AIbantoレポート設定について:
AIbantoレポート設定では、Slackに送られる日報や進捗報告の内容やサイクルをカスタマイズすることができます。

自分が設定権限を持っているレポートのみ「AIbantoレポート設定画面」から設定することができます。

例えば、チームの役職者の方は、自分が管掌している部署のみAIbantoレポートを設定することができます。

 

(※3) 通知設定について:
通知設定では、レポートの通知時間の設定やレポートの回答形式を設定することができます。

自分に適応されているレポートの時間をメンバーそれぞれが「通知設定画面」より設定することができます。

Slackアカウントはお持ちですか?

bantoは、Slackを使ってOKRの進捗を
管理するクラウドシステムです。