オンラインマニュアル

1.新規bantoアカウントの作成

 

 

 

フリートライアル申し込み

 

 

フリートライアル申込み画面にアクセスし、

利用規約をご確認のうえ、「チェックボックス」にチェックを入れ、

Slackではじめる」をクリッしてください。


▼フリートライアル申込画面

 

 

 

 

Slackと連携

 

 

Slackとの連携ページに移動したら、Slackのワークスペースを選択します。

こちらでは、bantoをSlackのどのワークスペースにインストールするか選択します。

画面右上に、お客様のワークスペースが表示されます。

複数のワークスペースがある場合には、「▼」をクリックして、一覧の中からbantoと連携するワークスペースを選択します。


▼Slackインテグレーション画面

 

 

 

投稿先で」をクリックして、投稿先チャンネルの一覧を表示し、<#general>を選択します。

ワークスペース、チャンネルの設定が完了していることを確認し、「許可する」をクリックしてください。


▼Slackインテグレーション画面

 

 

  • これでSlackのお客様のワークスペースとbantoの連携は完了しました。

 

 

 

 

お客様のbantoのテナントURL(サブドメイン※)を設定

 

※サブドメインとは、https://●●●●.app.banto.jp/ のような形で表示される、インターネット上の住所のようなものを指します。●●●をお客様で自由に設定することができます。

 

ここではお客様がbanto上で作る環境のテナントURLを設定します。

「すべて半角」、「4文字以上63文字以内」の「英数字とハイフンの組み合わせ」で

テナントURL」を入力してください。

テナントURLに特に決まりはありませんが、使用できる文字と注意事項は以下のとおりです。

 

テナントURLを入力後、❼ 「次へ」をクリックしてください。


▼テナントURL設定画面

使用可な文字:半角の英数字(ABC abc 123など)と半角のハイフン(-)

使用不可な文字:半角のハイフン以外の記号、全角のひらがな、カタカナ、漢字、記号

その他注意事項・ハイフン(-)はサブドメインの先頭と最後には使えません(例:-abc123)
・数字のみのサブドメインは指定できません(例:987654)


使用できない文字を使用するとエラーメッセージが表示されますので、指示に従って正しいテナントURLを入力しなおして「次へ」をクリックしてください。

 

正しいサブドメインが入力されると、次の画面、会社情報登録画面に変わります。

 

 

 

 

会社情報を登録

 

 

会社名・住所・担当者などの会社情報を登録します。

すべて入力が必須の項目ですので、必ず入力してください。

会社情報は、banto登録後、管理者の方のみ変更していただくことができます。

 

入力後、❽ 「登録する」をクリックし、確認画面へアクセスしてください。


▼会社情報登録画面

 

 

 

確認画面が表示されますので、入力した内容を確認し、「登録」をクリックしてください。


▼会社情報登録 確認画面

 

 

 

 

新規bantoアカウントの作成完了

 

 

この画面が表示されれば、アカウント登録の完了です。

❿ 「Slackへ移動」をクリックして、bantoと連携したSlackのワークスペースへアクセスしてください。


▼アカウント登録 完了画面

 

 

 

アカウントの登録が完了すると、SlackのAIbanto(bantoと連携しているSlack上のアプリ)にこのようなメッセージが自動的に送信されます。

AIbantoが、お客様のSlackアカウントに追加され、bantoの利用が可能になった状態です。

 

この先の初期設定は、Slack上のAIbantoの案内に沿って進めていきます。

次のステップ[2.社員招待]へ進んでください。


▼Slack AIbanto