オンラインマニュアル

個人目標の設定方法【数で表す目標(定量目標)】

 

 

こちらのページでは、【数で表す目標(定量目標)】を目標にした際の個人目標の設定方法について説明します。

 

 

 

目標【数で表す目標(定量目標)】を設定

 

 

【数で表す目標(定量目標)】を設定します。

 


▼個人目標設定モーダル

 

 

 

 

❶ 個人的な目標(OObjective)のタイトルを入力してください。

 

❷ 数値目標を入力、単位を設定してください。

(※現在は〇〇以上目標しか設定できません。今後、以下目標も対応されます。)


▼個人目標設定モーダル 目標設定

 

 

 

❸ この目標と目標に対する進捗を公開する範囲を選択してください。

 

OKRでは、目標や目標に関する情報をオープンにするのが良いとされていますので、「全社に公開」を推奨しています。


▼個人目標設定モーダル 目標設定
※フリートライアル中は部署を作成することができないため、「特定の部署」を選択できなくなっています。banto有償版契約後に、目標を公開する範囲を制限できるようになります。

 

 

 

特定の部署に公開する場合は、「特定の部署」にチェックをつけた後、「選択」をクリックすると、お客様の作成している部署が表示されますので、公開したい部署を選択してください。

 

複数の部署を選択したい場合には、「追加する」をクリックすると、公開する部署を追加することができます。


▼個人目標設定モーダル 目標設定

 

 

 

モーダル内をスクロールし、最下部で目標期間を設定します。

日付の横のマークをクリックすると、カレンダーが表示されます。


▼個人目標設定モーダル 目標設定

 

 

 

目標と目標数値、目標期間の入力が完了したら、❺「次へ」で目標達成のための行動(KRKey Result)の設定へ進みます。


▼個人目標設定モーダル 目標設定

 

 

 

 

目標達成のための行動(KR:Key Result)設定についての解説

 

 

ここで、【数で表す目標(定量目標)】を設定した場合の、目標達成のための行動(KR)の設定について解説します。

 

 

【数で表す目標(定量目標)】のKRは自由に設定することができますが、下記の条件を満たしている必要があります。

 

(1)目標の数値・単位と合致するKRを、最低でも1つ以上設定してください。

目標の単位と合致するKRの数値の合計が、目標の数値と等しくなるように設定してください。

 

(2)(1)の条件が満たされていれば、2つ目以降、自由にKRを設定することができます。

 

(3)目標(Objective)の数値・単位と合致しないKRは、必ず目標と異なる単位を使用し設定してください。

 

 

 

これら三点の条件を満たした目標達成のための行動(KR)の組み合わせ例です。

 

 


※前提として、目標と合致するKRを、1つ以上設定する必要があります(=KR1)。その上で、KR2、KR3を設定します。

※目標と合致しないKRの単位を目標の単位と同じ単位にすると目標に対する実績値として集計されてしまいます。

 目標(Objective)の数値・単位と合致しないKRを設定する場合は、必ず目標と異なる単位を選んでください。

 

 

※目標と合致するKRを、2つ以上組み合わせて設定することも可能です(=KR1、KR2)。

 

 

これらを参考にして、目標を達成するための行動(KR) を設定しましょう。

 

 

 

 

個人目標を達成するための行動(KR) を設定

 

 

先ほど設定した個人目標を達成するための行動(KR:Key Result) の「目標値」「担当責任者」「期日」を設定します。


▼個人目標設定モーダル KR設定

 

 

 

【数で表す目標(定量目標)】の場合、1つ目の目標達成のための行動(KR) は、目標の数値・単位と合致するものを設定する必要があります。

そのため、1つ目のKRは既に、「数で表す目標値(定量的)」にチェックがついています。

 

❻ 目標達成のための行動(KR)のタイトルを入力します。


▼個人目標設定モーダル KR設定

 

 

 

❼ 目標達成のための行動(KRKey Result)の達成基準となる数値や目標値を設定します。

 

KRで入力した数値の合計が目標の数値に達すると、モーダル内最下部のバリデーションが消え、自由にKRを作成することができるようになります。


▼個人目標設定モーダル KR設定
※1つ目のKRは、目標の数値・単位と合致するKRを設定する必要があるので、単位は目標と同じものが固定されています。

 

 

 

❽ 目標達成のための行動(KR)開始日、終了日の期間を入力します。

開始日、終了日として指定できるのは、目標で設定した期間内の日付に限ります。


▼個人目標設定モーダル KR設定

 

 

 

目標達成のための行動(KR)を追加したい場合は、KRを追加」をクリックしてください。

同様の作業を行い、新しいKRを追加作成することができます。


▼個人目標設定モーダル KR設定
※個人KRは5つまで作成できます。

 

 

 

2つ目以降目標達成のための行動(KR)作成します。

 

モーダル内最下部のバリーデーションの入力合計が数値目標に達しておらず、バリーデーションが表示され続けている場合は、目標の数値・単位と合致するKRを数値目標に達するまでKRを設定してください。


▼個人目標設定モーダル KR設定

 

 

 

モーダル内最下部のバリーデーションが表示されていない場合、目標達成のための行動(KR)を自由に作成できるようになります。

 

目標(Objective)の数値・単位と合致させない、「数で表す目標設定値(定量的)」を設定する場合は、必ず目標で使用した単位と異なる単位を選んでください。

目標の単位と同じ単位を選ぶと目標の進捗率として集計されてしまいます。


▼個人目標設定モーダル KR設定

 

 

 

数で表すことができない目標達成のための行動(KR)を作成する場合は、「言葉で表す目標値(定性的)」を選択してください。

日々の進捗を%で入力する形になります。


▼個人目標設定モーダル KR設定

 

 

 

目標達成のための行動(KR)の設定が完了したら、❿ 次へ」をクリックして、

設定した会社目標(O:Objective)、目標達成のための行動(KR:Key Result)の確認へ進んでください。


▼個人目標設定モーダル KR設定

 

 

 

 

入力した個人目標を登録

 

 

入力した個人的な目標(O:Objective)と目標達成のための行動(KR:Key Result)の確認画面が表示されます。

スクロールして内容を確認し、問題がなければ、⓫ 「登録」をクリックすると、個人目標が登録されます。


▼個人目標設定モーダル 入力内容確認

 

 

 

このモーダルが現れると個人目標の設定は終了です。

⓬ 「OK」をクリックすると目標が始まります。


▼個人目標設定モーダル 設定完了画面

 

 

 

 

個人目標を登録後

 

 

個人目標に対する進捗や活動内容の報告は、Slackの「AIbantoアプリ」から行います。

個人目標を設定したら、「通知設定画面」へアクセスし、個人目標に対する進捗や活動内容の報告をする時間を設定してください。

 

「通知設定画面」の左上、所属部署の選択欄から「個人目標レポート」を選択してください。


▼通知設定画面

 

 

 

設定した時間、リマンドサイクルで、Slack上のAIbantoアプリから「個人目標進捗レポート」が送信されます。

 

初期設定では、「個人目標進捗レポート」は1回目が16:45、二回目が17:45、最後の三回目が18:45に送られてくるという設定になっています。

もちろん1回目や2回目で回答できれば、その後リマインドはされません。


▼通知設定画面 個人目標レポート

 

 

 

設定した時間に、このようなメッセージが送信され、このメッセージが「個人目標進捗レポート」です。

レポートに回答することで、個人目標の進捗率が変動していきます。


▼Slack AIbanto 個人目標進捗レポート

 

 

 

AIbantoアプリで個人目標進捗レポートに回答すると、【数で表す目標(定量目標)】の場合、「進捗フィード画面」および「個人目標画面」で進捗率はこのように表示されます。


▼個人目標【数で表す目標(定量目標)】 進捗率の表示

 

 

 

 

 

個人目標、それに伴う通知時間の設定は完了しました。

 

※【言葉で表す目標(定性目標)】での個人目標の設定方法も見たい方はこちらからアクセスしてください。

 [個人目標の設定方法【言葉で表す目標(定性目標)】]